<address id="jtpvj"><strike id="jtpvj"></strike></address>

<ol id="jtpvj"><th id="jtpvj"><span id="jtpvj"></span></th></ol>

      <track id="jtpvj"></track>

      <sub id="jtpvj"></sub>
      今天是:  加入收藏 設為首頁
        關于我們
      公司簡介
      成功案例
      新聞動態
      企業文化
      產品展示
      聯系我們
      您的位置:首頁 > 產品展示
       
       
      產品展示
       
      HASHIMA HN-870C檢針機(日本原裝新品)

      羽島HN-870C新款皮帶輸送式檢針機         新產品新登場,火熱預定中!

                        

                        世界首發新標準(Auto Pre Checker)

                         120mm高度,可檢出Ø0.8mm鐵球!

         點檢測試一次完成,原本繁瑣的點檢效率大幅提升!

      采用新型磁頭

      采用新型探測線圈,并使機體本身和磁鐵達到最合比,和之前的機器相比,大大提升異物檢出的能力。

      120mm高的磁頭可檢出0.8mm的鐵球

      均一靈敏度區域擴大

      檢出的敏感度不均一大幅減少。商品的通過性大大提升。

      Auto Pre Checker(自動檢出點檢功能)

      之前的檢針機在開始作業前進行點檢,對各個線圈進行逐一檢查。

      標準配置PreChecker Bar(特殊測試塊)配備專用程序,對各線圈的檢出反應自動進行確認。

      點檢作業的簡便化,可使生產效率大幅提升。選配專用打印機可打印保存檢測結果。 

       

      產品名稱 傳送式檢針機
      型號 HN-870C HN-780G(gap專用)
      檢知方式 磁力誘導方式
      檢測傳感度 直徑0.8毫米的鐵球以上

       傳感度調節

      100級靈敏度調節
      檢知寬度 600毫米
      檢知高度 120毫米(標準)
      警報方式 大型液晶,鳴響
      使用電源 單相
      機械尺寸 1650mm(L)X1050mm(W)X920mm(H)
      重量 約250kg
      導向裝置

      標準裝置

      良品計數器 標準裝置
      特點

          新型磁頭的使用……采用優化的磁體排列和檢測線圈,檢針能力比常規機器極大提高,讓鐵球0.8mm檢測高度從100mm提高至120mm。                         新設計數字式電路……一改以往的模擬處理
        大型藍屏頁晶顯示器……采用大型藍屏液晶顯示器,機器操作方便可非常直觀的顯示各種數據。
        精密的靈敏度設定……將以往的10級靈敏度更改為100級,使機器實現更為精密的靈敏度設定。
        增強了抗干擾能力,在以往無法使用的工廠環境中仍可正常作業。
        配備有重起功能……不需要重復的手動啟動機器,在一定的間隔時間內機器會自動啟動。此功能可使檢測工作非常順利的進行。
        節能設計……控制電能的無味消耗,為地球環境的可持續發展而變化。
        各種診斷模式,使機器的可信性得到了很大的提升……自診斷模式即為,線圈斷線情況下信號輸出衰減的自診斷、“維護者”模式下外界干擾有無的判斷,使機器的維修、保養工作變得非常容易。
        檢針作業過程的存儲……配備了大容量的存儲器,使檢針作業過程得以保存。在檢針作業管理方面,若有效的使用此存儲功能,可大大提高檢針作業的精準性。另外,通過連接數據讀取器或電腦提取檢針過程數據,使本機得到更廣泛、有效的使用。(選配)

      可選裝配

      檢測高度140MM:可檢出鐵球直徑1.0MM;                   
      檢測高度160MM:可檢出鐵球直徑1.2MM;
      檢測高度180MM:可檢出鐵球直徑1.5MM

       收購羽島HASHIMA各類二手檢針機,免費估價,高價收購!

      HN-780Gは 米國GAP會社専用

       

      コンベア検針機 HN-870C/HN-780G

      コンベア検針機 HN-870C

      世界発の新基準
      鉄球φ0.8mmを120mm高で検出。

      Auto PreChecker 一括検出テストが可能!
      大きく作業効率がUP!

      新型センサー採用

      新形サーチコイルの開発と磁石の配置関係を最適化し、従來機に比較して異物検出能力が大きく向上しました。
      検出口120mm高で鉄球φ0.8mmの検出を可能にしました。

      等感度域拡大

      検出口內の感度ムラを大幅に減少しました。マテリアルエフェクトを少なくし商品の通過性が大きく向上しました。

      Auto PreChecker (自動始業前點検機能)

      従來機では始業前點検において各コイル一個づつを検査していましたが、PreCheck Bar(特殊テストバー)と専用ソフトを使用することで各コイルの検出反応を自動で調べる機能が標準裝備されました。
      點検作業を簡素化し生産性の向上を図ります。またオプション専用サーマルプリンターを使用して検査結果を殘すことができます。

      ※Auto PreChecker®のご紹介はこちらから

      大型ブルーバック液晶

      大型ブルーバック液晶搭載により、視認性と操作性が向上しました。感度設定、言語設定 履歴情報、カウンター設定など多機能な使用が可能です。

      感度レベルモニター

      モニターレベルの視認性の向上を図りました。検出位置ランプは8分割されており、異物の位置を正確に表示します。

      検出點検テストに便利な機能追加

      2ヘッドタイプは後部センサーの検出點検テスト時に前部センサーを一時的に非検出にする機能が付きました。

      良品カウンター

      従來オプション設定であったカウンター機能が標準で裝備されました。

                          

      HN-780G GAP company dedicated to the United States!

      Conveyor type needle detector HN-870C-120/140/160/180, HN-780G-100

      コンベア検針機 HN-870C

       



      New global standard, detect φ0.8mm ferrous ball by 120mm sensor height.
       
      Innovative sensor checking system by Auto PreChecker for saving your time.





       
      • New developed sensor
      Ability for detection of foreign object is upgraded by new developed search coils and optimizing magnet position.
       
       
      • Catch 0.8mm ferrous ball by 120mm height sensor
      0.8mm ferrous ball was only detected by 100mm height sensor previously.This time new sensor system make it possible to detect 0.8mm ferrous ball with 120mm height sensor.
       
       
      • Enlarged sensitivity equality
      Dispersion sensitivity equaled, it makes “ Material effect “ decreased and products passage improved.
       
       
      • Large sized LCD
      The blue LCD has improved the visibility and operatively, compared to our previous model.This has
      Enabled various setting such as the sensitivity, language mode, and etc., and can show current machine condition on the display as well.
       
       
      • Needle position indication
      Machine inform us location of the broken needle, so you can find easier.
       
       
      • Foot switch and restart function
      Equipped with a foot switch as standard equipment.And restart function is useful for starting the conveyor belt without pushing start button.
       
      • Product counter
      Product counter is now standard equipment.
       
       
      • Conveyor speed changing function
      If machine catch sewing accessories, conveyor speed can be changed 3 steps to passage.
       
       
      • optional printer
      It can print the inspection record and counter result.
      Product guider
      Product guider is optional equipment on HN-870C,2870C,product guider is standard equipment on HN-780G, 2780G.
       
      Auto PreChecker
      Auto PreChecker makes sensor checking more accurate and quicker.
      By using PreCheck bar (Specialized test brock) & system, you do not need to check each coil one by one, the system checks sensor automatically.
      Also you can keep the PreCheck result if you prepare the optional printer.
      (PATENT PENDING, TRADEMARK REGISTRATION PENDING

       

      Auto PreChecker ®のご紹介

      1.Auto PreChecker ®ついて

       Auto PreChecker ®は従來の始業前點検をより正確に素早く行える870シ リーズからの新機能です。従來の始業前點検ではシングルヘッドでは24箇所、ツーヘッ ド48箇所を手動で點検する必要があり、実際の業務時間において點検作業が占める割合 が少なからずありました。Auto PreChecker ®を使えば従來の約1/5の時間で終わ ります。始業前點検はまずAuto PreChecker ®にてセンサーヘッドが正常(工場出 荷狀態)で動いている事を確認します。その後、機械本體が異物発見時にモーター制御 が正しく行われる、また感度が正しく設定されているかを確認するため、テストピース を任意の場所で一度流して下さい。これを朝(始業前)、晝、夕(終業前)の1日三回 必ず行って下さい。


      2.Auto PreChecker ®を使った始業前點検方法

      Ⅰ.検針機本體の電源をいれます(プリンターをご購入頂いた場合はプリンターも)。

      Ⅱ.ベルト面にご使用の検針機の検出高に合わせたPreCheck Bar(特殊テストバー)を置きます。

      (寫真1)

      (寫真1)のようにカバー部分に合わせるよう置いて下さい





       ← PreCheck Bar

      Ⅲ.畫面(1)のようなメイン畫面狀態にある事を確認し、操作パネルの←ボタンを押しAuto PreChecker ®を起動させます。

      操作パネル



      Ⅳ.機械が自動的に5回PreCheck Barを往復させます。
      (*検査中は出來るだけ機械に振動を與えないで下さい。)



      Ⅴ.検査が終了すると結果が畫面(2,3)のように表示されます。操作パネルのボタンを押すとメイン畫面に戻ります。

      a.畫面(2)のように全てのセンサーが「OK」と認識されると「正常」となります。

      (*オプションのプリンターをご購入頂いた場合は印刷結果(1)の様な始業點検前報告書もプリントされます。)



      b.畫面(3)のように一つでも「FE」が表示され、「異常」と判定された場合は、もう一度PreCheck Barを置き直しAuto PreChecker ®による検査を再度試みて下さい。

      外部ノイズや震度によって「FE」が表示される場合があります。その後も続けてエラーが出るようでればご購入頂きました代理店様にご連絡し、機械の使用を取りやめて下さい。

      (*オプションのプリンターをご購入頂いた場合は印刷結果(2)の様な始業點検前報告もプリントされます。)



      Ⅵ.本體が正常である事を確認したら、MENUボタンをおし『感度設定』よりご使用になりたい感度を設定して下さい。畫面(4,5)

      畫面(4)

      感度設定を選んで下さい。

      畫面(5)

      上下ボタンでご使用になりたい感度を選んで下さい。



      Ⅶ.感度に合わせたテストピース<寫真(2)>を用意し、任意の場所1箇所でテストピースを流して下さい。<寫真(3)>機械が正常であれば畫面(6)のように”DETECT”となり、テストピースが戻ってきます。

      必ず感度相當のテストピースを使用して下さい。
      (この場合感度10.0なので1.0mmを使用)

      寫真(3)



      Ⅷ.またツーヘッドタイプの機械は「RHモード」を使用し、フロントヘッドを無効にした狀態でもテストピースを流して下さい。(畫面7,8)

      畫面(7)


      メニューから「RHテスト」を選んで下さい。
      メイン畫面が畫面(8)のようである事を確認して下さい。
      検査終了後はもう一度メニュー畫面より「RHテスト」を選び通常モードに戻して下さい。

      畫面(8)




      3.専用サーマルプリンターについて

       専用サーマルプリンターをご購入頂くと、「検針履歴」及び「始業前點検報告書」 をプリントし、日々の運用記録を殘す事が可能です。


      接続方法

      1.プリンターI/FBOX』に『RS232Cケーブル』の9pin側を取り付けます。

      プリンターI/F BOX, 三芯ケーブル

      RS232Cケーブル


      2.本體前側金屬カバーを外し、下寫真のように取り付けます。


      3.液晶パネルを外しデジタルメイン基板のCN2に刺さっているコネクタを外します。コネクタの空いている4~6pinにプリンターI/Fボックスについている3芯ケーブルを、4番・・黒 5番・・白 6番・・赤 となるように差します。

      ※色の順番を間違えないように、注意して下さい。順番を間違えるとプリンターは動作しません。



      4.コネクタを差した後、RS232CケーブルをプリンターI/Fボックスとプリンター本體に接続して下さい。




      4.最後に

       このようにAuto PreChecker ®を使用する事で検針機を今まで以上に効率的、効果的に運用する事が可能となりますが、必ずマニュアルを読んで頂き正しく運用して下さい。

       

       
       
       
      Copyright © 2006 - 2013 boad.com. All Rights Reserved 上海波島公司版權所有  滬ICP備09076173號-2 后臺管理
      網站導航: 檢針器 檢針機 驗針器 驗針機 金屬檢測機 金屬探測儀 金屬檢測機信息
      產品快速導航:
      日本免费一区二区三区在线视频
      <address id="jtpvj"><strike id="jtpvj"></strike></address>

      <ol id="jtpvj"><th id="jtpvj"><span id="jtpvj"></span></th></ol>

          <track id="jtpvj"></track>

          <sub id="jtpvj"></sub>